カテゴリ

最新記事

最新コメント

プロフィール

salon muu

Author:salon muu
神奈川県藤沢市湘南台のリラクゼーションサロンMuuのブログです。スタッフはみんな 不思議な世界が大好きです。あなたも私達と一緒に 不思議な世界を覗いて見ませんか?

最新トラックバック

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球は 宇宙のひとりっ子?

         「あ~、手が疲れた」     そうだ!
            
              リラクゼーションサロン Muuへ行こう!






前回の記事にも書きましたが、

あなたは 「宇宙人」と言うか、私たちの地球以外の惑星に生命体がいると思いますか?

私たちは、本当に偶然にただひとつだけ生命体ができてしまった結果なのでしょうか?

そんな偶然って すごい確立だと思いませんか?

どっちかって言うと、他にも地球のような星があると考えた方が自然じゃないでしょうか?

なんて、考えていたときに

デーヴィド・アイクさんの本で 以下の文章を見つけました。
引用させていただきます。


地球以外に生命が存在することに違和感を覚えるのであれば、こう考えてほしい。

従来の科学、すなわち絶望的なまでに限界のある「科学」にしたがってさえ、ひとつの銀河系から
別の銀河系まで光が進むのに100年かかる計算になる。

毎秒約30万キロの光速でもそうなのだ。

この宇宙には 少なくとも100万個の銀河系 10億個の惑星 そして兆の何十億倍もの
星々が存在する。

カリフォルニア大学バークレー校 化学部のメルヴィン・カルヴィン博士によると、
可視範囲だけで、宇宙には地球と似た条件を持つ惑星が1億個もあるという。

しかも、この数字は このひとつの密度 ないし 周波数帯域の存在においての話なのだ。

私達が物理的に感知できる領域を超え、他の周波数帯域すべてを使った場合、
どれ程のスケールになるか想像してもらいたい。

これだけの膨大な宇宙の中に命というものが ひとつの小さな銀河の中でも 
小さな太陽系の そのまた小さな地球というこの惑星にしか存在しないと
本当に信じることができるだろうか?



これを読まれて あなたはどう思いますか?





人気ブログランキングへ←宇宙人は いるんじゃないかな?って思った方、ポチっとどうぞ!




テーマ : UFO - ジャンル :

人差し指の私から 小指のあなたへ

         「あ~、足がむくんじゃった」     そうだ!
            
              リラクゼーションサロン Muuへ行こう!






人差し指の私から、小指のあなたへ・・・えっ???意味がわからない。。。

私が 言いたかったことは、私達の潜在意識は繋がっている・・と言うことなのです。

私達は 簡単に言えば、手の指のようなものです。

指は それぞれに別の存在のように感じられますが、元は手のひらにつながっています。

この手のひらに当たるのが 潜在意識なのです。

ですから、人差し指が考えた、感じたことは そのまま小指や中指も同時に考えたり感じたりすることが出来るのです。 

「百匹目のサル」という話はTVでも紹介されたので、ご存知の方も多いと思いますが、簡単に説明したいと思います。

日本の九州東岸に幸島と言う小島があり、そこにはニホンザルが集団で飼育されていました。

この集団で、ある日、若いメスザルが、餌のサツマイモについた砂を水で洗って食べるという方法を発見します。

その後 彼女はさらにサツマイモを海水で洗うと 砂も取れて なおかつ塩味がついて美味しいということに気がつきます。

最初のうちは、この行動は 周りの仲間にポツポツと伝染するだけだったのですが、そのうち 他のサルたちもどんどん真似するようになり、その数がある数を越した途端、その行動は集団全体に爆発的に拡大し、その日のうちに 集団のほぼ全員が イモを海水で洗って食べるようになりました。

そして、信じがたいことに、この行動は 空間を超えて、別の島のサルの集団や、九州全土の群れの中にさえ 自然発生するようになったというのです。

私達は、目に見える部分では それぞれに独立していて個別の存在にしか思えませんが、実は その心は奥深く、はるかな深部で 広大な人類意識につながっているのです。

私達 個人一人一人に湧く思いは、深いところで人類意識全体に影響を与えることができ、また、その意識に影響を与えられているのです、

そして さらに 私達は、そのもっと根元において、地球に住む全生命、さらには 地球と言う巨大な生命体そのものとも一体であり、お互いに強く影響し、また影響されているのです。

今 地球の波動は、大きく変化し始めています。

そして その変化を地球上に住む全生命、全人類は潜在意識ではしっかりと感じ、同じように大きく変わり始めています。

ここの所の 天変地異や悲惨な出来事、どんどん暴かれる不祥事などは、現象的・表面的なことだけでみれば もうこの世は破滅してしまうのではないか・・と見えるかもしれませんが、そうではなく、深いところでは 新しい世界の波動に乗り その方向へと急速に変化しているだけなのです。

ですから、個人の小さな力など 何の役にも立たない・・・のではなく、小さな力が大きな力につながっていることをしっかりと認識して、恐怖や不安では無く 希望をもって 私は生きて行きたいと思っています。

あなたは どう思われますか?



人気ブログランキングへ← 1ポチっとが 100万ポチっとへ・・・あなたからポチっとお願いします。

UFO&宇宙人についての衝撃発言集!?

         「あ~、腰が重いっ」     そうだ!
            
              リラクゼーションサロン Muuへ行こう!




UFO&宇宙人について 世界の要人たちが驚くべき証言をしている。

☆第2次大戦後 米軍の最高司令官であったマッカーサー元帥は

我々がこれから直面する敵は宇宙からの侵略者である」 
と公の場で発言。

☆レーガン大統領は、米ソ冷戦下にあって、宿敵 ゴルバチョフ書記長との会談で

もし宇宙から敵が攻めてきたら、米ソは協力してこれに当たらなければならない」 と発言

☆カーターは大統領選の演説で

私が大統領になったら、UFOを公式に研究する
と言うマニフェストを掲げた。

☆日本でも 海部元首相が

文部省あたりに(UFOの)研究機関を作ってみたい
と提案している。

☆極めつけのところでは ケネディ大統領である。コロンビア大学での講演で

大統領執務室は、アメリカの国民を裏切って進められている、
ある恐ろしい陰謀を助長する為に、これまで利用されてきたことが判明した。

私は、大統領として、私の任期が終わる以前に、この恐るべき事実を全ての市民に
公表すべきだと考えている
」とぶちまけている。

以下が ケネディ大統領が宇宙人の存在を公表する時のために書かれていた、とされる草案である。 

『わがアメリカ国民、そして世界中のみなさん、
今日、われわれは新しい時代への旅に出発します。

人類の幼年期であるひとつの時代が終わりに向かい、新たな時代が始まろうとしています。

 私がお話しする旅とは、計り知れない試練にあふれていますが。
われわれの過去のあるゆる努力は、成功するために、われわれの世代を比類なくサポートしてきたものと
私は信じます。

 この地球の市民であるわれわれは、孤独ではありません。
無限の知恵を備えた神は、われわれ自身のように、ほかにも知的生命体を宇宙に住まわせてきました。

 そのような権威に対して、私はどのように述べることができるでしょうか?

 1947年、わが軍は、乾燥したニューメキシコの砂漠で、起源不明の宇宙船の残骸を回収しました。

まもなく、われわれの科学により、この乗物ははるか遠くの宇宙空間からやってきたことがわかりました。

その時以来、わが政府はその飛行船の製造者たちとコンタクトをとってきました。

 このニュースはファンタスティックで、かつ、恐ろしく思われるかもしれませんが、
みなさんは過度に恐れたり悲観してとらえることのないようにお願いいたします。

私は大統領として、そのような存在がわれわれに対して無害であることをみなさんに保障します。

 むしろ、全人類の共通の敵である、圧制、貧困、病気、戦争を克服できるよう、
彼らはわが国家を助けることを約束しております。

 彼らは敵ではなく、友人であるとわれわれは判断しました。

 彼らとともに。われわれはよりよき世界を創造することができます。
未来に障害や誤りが生じないかどうかはわかりません。

 われわれはこの偉大なる土地で暮らす人々の真の運命を見つけたものと信じます。
世界を輝かしい未来に導くことです。

 なぜ彼らがここにやってきて、なぜ長期間にわたってわれわれのリーダーたちが
彼らの存在を秘密にしてきたのか、近く、みなさんはそれについて知らされることになるでしょう。

 私はみなさんに臆病にならず、勇気をもって未来を見つめていくようお願いいたします。
なぜなら、地球に存在した古代の平和のビジョンと全人類の繁栄を、
このわれわれの時代に、われわれは達成できるからです。

 あなた方に、神のご加護のあらんことを―――。』

             
                          翻訳 ケイ・ミズモリ

           
 

ケネディの死をめぐっては、UFO問題の関与が指摘されているが、
この発言から10日後に ケネディはダラスで暗殺されている。




日本でも 2年前に 町村元官房長官が 公の席でUFOは絶対いると思うと語った。

政府答弁は政府答弁であり、私は個人的には、こういうものは絶対いると思っております


町村元官房長官の発言の前に 「UFOを見つけたら どこに連絡すればいいのか?
その機関がないからどうしていいかわからない・・作るべきだ」などという論議も出ている。
今まででは 公の場で このような話題が論じられるなんてことはなかった。

先月末(2010年 9月末)にも 国連(UN)が異星人との接触を任務とする「宇宙大使」に国連宇宙部(UNOOSA)のマレーシア人の女性天文学者を任命すると報じたとか??

これは どういうことなのだろうか? 

そろそろ アメリカや日本の政府が隠していたUFOと宇宙人に関しての情報を少しづつ公表するための布石なのだろうか? 我々が 宇宙人と対面する日がもう目の前に来ている・・ということだろうか?

だから、驚かないように 少しづつ 情報を出してきているのか?

それとも、世間の目をUFO問題に向けておいて、その隙に なにか別の計画を隠して薦めようとしているのだろうか?

真偽の程は わからない。

でも、この広い宇宙のなかで 知性をもった生物が「地球」だけにしかいない・・・・
と考えるほうが 無理があると私は思うのですが・・・・あなたは、どう思いますか?



人気ブログランキングへ← あったりまえじゃん!宇宙人はいるよ!って思う方は ぽちっとお願いします。



生き返りはったんやねぇ!?

        「あ~、足がだる~い」     そうだ!
            
              リラクゼーションサロン Muuへ行こう!





あなたは、霊魂の存在を信じますか?

死後の世界は あると思いますか?

身体がなくなったら それであなたの意識は無くなるのでしょうか?

私は・・・・・魂というものがあると思います。

身体から 離れてしまうこともあると思います。

なぜかというと 見てしまったからです!

ある日の夕方・・・娘と国道沿いの歩道を歩いていたとき、
横を救急車が走って来ました。

でも なぜかその救急車はサイレンを鳴らさず、ゆっくりめに走っていました。

始めは病人を乗せていないのかな?と思ったのですが、ちょっと中が見えたとき
救急隊員が何かしていたので、「? もしかして 亡くなったのかな? それで
サイレン鳴らしてないのかな?」って 娘と話していたら、、、、

後ろからすごい勢いで走って来た人がいて びっくりしてよけたんですけど
 見たら誰もいない!! 

でも 何か(エネルギー体みたいなカンジ?)が走って行くんです!!

????? 娘も私も?????

そしたら その走っていくエネルギー(?)が救急車に追いついたとたんに
そのまま救急車に乗ったんです。(確かに乗ったんです!)

?????娘「乗ったよね?」
?????私「うん、乗ったと・・・思う・・」

そのとき、急に救急車がサイレンを鳴らして、急いで走り出したんです!!

私「あ~~、生き返りはったんやねぇ・・・」

娘「救急車に乗り遅れはって、急いで追いかけて来たんかな?」

私「多分、そうなんちゃう?」

娘&私「・・・?????」

という、お話でした。



信じるか信じないかは・・・あなたにお任せいたします。!!

ですので、苦情、お叱りのコメントは お受けできませんので、あしからず!!




人気ブログランキングへ←私もいつも走ってるよ・・・それは、ただ寝過ごしただけやん・・って突っ込みを入れたい方、ぽちっとお願いします。





次へ渡せ

         「あ~、肩凝ったぁ」     そうだ!
            
              リラクゼーションサロン Muuへ行こう!





あなたのお友達 3人 に「おいしい飴」を一つずつあげてください。

そのときに 一言 「次は、あなたのお友達 3人にも 
「おいしい飴」を一つずつあげてくださいね」と言う言葉を添えて下さいね。

そして、そのあなたのお友達が 同じ言葉を添えて 3人ずつに「おいしい飴」をあげて行きます。

1人が、最初の一日で、3人に広げるとして、二日目に、9人。三日目に、27人になります。
3の倍数で、「おいしい飴」が広がっていくのです。

今 地球上には 約65億人の人がいます。

このようにして「おいしい飴」が世界中の人達の口に入るのに、いったい何日かかると思いますか?

1年?3年?・・見当もつかない?

答えは・・・・・・21日です。 たった21日で、
世界中のひとの口に「おいしい飴」が入るのです。

「おいしい飴」を食べた人は、幸せな気持ちになりますよね。

世界の人達を、一時でもシアワセな気持ちにすることが たった21日で出来るのです。

                  ペイ フォワード


このシステムが 「ペイ フォワード(次へ渡す)」です。

とても 印象が悪くなってしまった言葉ですが・・・早い話が「幸せのねずみ講」ですね。

見返りを期待せず、頂いたものを次に送る・・・
そうすることで、簡単に幸せの波動が世界中に波紋していく。

これを、心がけて 毎日小さなことから続けていれば、その小さな波紋がやがて 
とてつもなく大きな波紋となって 地球を包み込むようになります。

そしたら、争いやいがみ合いなど消えてなくなるのではないでしょうか?

小さなことでいいんです。友達3人でいいんです。
別に 3人って決めなくていいのです。しなければいけない・・って言う感情もいりません。
とにかく 楽しく ワクワクしながらゲームに参加してください。

飴じゃなくてもいいんです。握手でも、ハグでも、
「ありがとう」「こんにちは」「ご馳走さま」「大好き」「愛してる」
「どうぞお先に」の言葉でも・・・こんな 簡単なことでいいんです。

プラスの波動・・それを広めていってください。

ね、お金もかからないし・・・素敵だと思いませんか?

そんなこと 机上の空論だよ・・・現実問題 
そんなことができる訳ないじゃないの。ただの理想だよ。

そうかもしれない・・けど、でも 何もリスクがないなら 
やってみる価値はあるんじゃないでしょうか?

そして、あなたが出したこのプラスの波動は、
回りまわってもっと大きくなってあなたにも返って来るのです。 
リスクのない、しかも とても利回りの大きい行動ですよね!
(でも、その利回りを目的にしてはダメですよ・・・それは 
反対にプラスの波動を消してしまいますから・・・)

良いと思うことは、すぐ実行!

自分にも世界は変えられる・・・そう信じたいと思いませんか?


         pay-forward_2.jpg


        ワーナー・ブラザーズ配給:『ペイ・フォワード』可能性の王国
            原題『Pay it Forward』:西暦2000年度作品

11才の少年トレバーは、社会科の授業で「今日から世界を変えてみよう」という課題を出されます。
トレバーが考え付いた奇想天外なアイデアは、人から受けた厚意をその相手に対して恩返し=“ペイ・バック”するのではなく、 他の誰かに違う形で先贈りして善意を広げていく=“ペイ・フォワード”
映画の中では「次へ渡せ」という言葉で翻訳されています。


是非 ごらんになってください。



人気ブログランキングへ← まずは ここから ペイフォワード・・ぽちっと よろしくお願いいたします。



  【BACK TO HOME】  


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。